大阪♪奈良♪クラニオセイクラル&リンパ&セルライト♪ユルゆるり(サロン氣楽)

クラニオセイクラルワーク(頭蓋仙骨療法)の芯からゆるんで満たされる感覚の中で気づいた日々のつれづれをつづります~

プロフィール

知穂~RAKU

Author:知穂~RAKU
奈良と新大阪で クラニオセイクラルワーク(頭蓋仙骨療法)をしています。
クラニオの芯からゆるんで満たされる感覚、深いリラックスを体験してみてくださいね。
マイブームは近所のお気に入りスポット探しとセルフクラニオセイクラルワークです。クラニオは自分で自分にもできるんですよ~

最近の記事

twitter

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ささやかなぜいたく
週に1回か2回はお日様が出てる時間にゆっくり
ドライブしながら通勤できる機会があります。
いつもの決まった通勤ルートではなく
少し遠回りになっても違った道を選んでみたりします。
景色がいつもと変わるだけでちょっとした気分転換になりますし、
今の時期は日に日に若葉の表情が変わっていきますので、
一時も目が離せません。

新芽の色は基本的に黄緑色に白っぽいグレーを
混ぜたような色なのですが、
そこに黄みがかったり、青みがかったり、赤みがかったり
樹によって様々な色を持っています。
全ての色を把握したいなんてだいそれたことを考えたりして、。
絵の上手な方だったらこの色を全部表現したいとか思うのかな?
もちろん葉っぱの形もそれぞれです。
柔らかい若芽の緑色が日に日に濃くなっていきます。

この時期、晴れた日もいいのですが、
雨上がりの薄暗い早朝などは 新緑の緑が鮮やかに浮かび上がります。
若葉のけぶるトンネルをくぐりぬけていくような感覚です。
BGMも止めて、窓を開けて、自然の音を聴きながら
深々と呼吸をしながらのんびりした貴重な時間を過ごします。
レジャーの中々取れない私のささやかなリフレッシュタイム(^^;)。

これをCDに録音していつでもどこでも聞きたいなんて思ったときもありましたが、
CDは人間に聞こえない高周波、低周波をカットしているとのこと。
リラックスするにはそこが実は大事なのでは?とも言われています。

つつじが終われば今度は藤の花、桐の花と続きます。
山の中のどこに咲いているのかなと探しながらの
ドライブはほんとに楽しいです。(ちょっと危ない?)

先を急ぐ後続の方はお先にどうぞ。
私はのんびり自分のペースで行かせていただきます(^_^)/
スポンサーサイト

テーマ:自然の中で - ジャンル:ライフ

happy birthday♪
昨日、ラジオを聞いていると
スティービー・ワンダーの「happy birthday」が かかりました。
その前日にも同じくらいの時間に同じ局で 耳にした気がします。
「なんでこんなに毎日この曲がかかるんだろう。  
誕生日の人ならうれしいかもなぁ、、、  

あ、そういえば今日私の誕生日だったっけ」
ネタじゃないです。ほんとです(^ ^;)。
誕生日がうれしくなくなってきて早?年ですが、
こういうことがあったらやっぱりちょっとうれしいです。
ここ数年は生まれてきたことの意味をこの日になぜか
考えてしまいます。
生んでくれてありがとう。

happy birthday to me♪

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

ぜひ聞かせてください(^^;)
職場で、

Aさん(女性)がいないと思って
Bさん(男性)とCさん(男性)が
Aさんのことを話しているところに 偶然Aさんが居合わせて、
その話の内容がAさんの批判のようなものだったので、
Aさんが気分を害し、その場でBさんとCさんに抗議した、

ということがありました。
3人とも仕事で関わりあいのある方々だったので、
各々から別々にお話を聞いて、各々の言い分も理解できるので
みなさんお気の毒に、と思いました。

たったそれだけのお話ですが、
もし自分がAさんだったらどう思うかなと考えてしまいました。
やはりその場では怒りや悲しみがこみ上げてくるだろうな、
でも私なら多分その場で抗議には行けないな、
そしてそこからそれも情報として謙虚に受け止め、
自分を見つめなおすことが果たしてできるだろうか、と。

ちなみにAさんはご自分をまったくの被害者と思われているようでした。
傍から見ている分には、Aさんにも言われる原因はあるとは思うのですが、
Aさん本人にはまったくそういう発想はなさそうでした。

********************

職場の日めくりカレンダーの教訓で

「反省しない人間には、人は注意してくれなくなる」

というものがありました。

それを見た時は「うう、耳が痛いな」と思ったのですが、
耳がくっついてる側頭骨がロックしやすい私は
「聞きたくない、聞きたくない」と思ってるらしいです。

ああ、聞きたくない、聞きたくない。

ウソです。
そんなことを言ってたら必要な情報が来なくなってしまいます。
自分の流れをせき止めて、滞らせて、
やがて腐らせてしまうことになります。

聞きます、聞きます、ぜひ聞かせてください(^ ^;)
自然が自然であること
遅咲きの山桜が散り始めると
今度はつつじが鮮やかに咲き始め、
まだまだ色合いの少ない山に
濃いピンク色が華やかに彩られます。
その後はいよいよ山が一斉に芽吹く季節となります。

様々な若葉色で山一面が覆われて、
私は田舎に暮らしていてこの時期が一番好きです。
田舎に住んでよかったなと思うことは
季節の移り変わりをいち早く五感で感じることができることです。
目で見て、耳で聞いて、鼻で匂って、口で味わって、肌で感じます。

年を重ねるごとにますます自然のすばらしさに 感謝するようになってきました。
幼い感性豊かな時期をここで過ごせて
ほんとにしあわせだったなとも思いますし、
今も自然から多大なエネルギーをもらい続けています。

自然の中で暮らすことが自然であることの喜びは
自然の中で暮らすことが不自然である方へ
お伝えするのは難しいとは思います。
(逆のことも言えますが(^ ^;))

自然が自然でよかったな。

テーマ:自然の中で - ジャンル:ライフ

FM
通勤に車で片道1時間かかります。
考え事をしたり、音楽を聴いたりしながら運転しています。
季節によって移り変わる景色を見ながら、
だともっとよいのですが、
行きも帰りも日没後(前?)ですので、
景色はほとんど見えないのが現状です。

その通勤時間が唯一の音楽を聴ける時間なのですが、
ドライブしながらなので、眠くならないように、
FMを聴くことが多いです。

車に乗ってFMを聴いていて楽しいのは、
好きなんだけど最近聴いてなかった懐かしい曲が聴ける時です。
自分で選んだのではないというところに
やはり驚きとうれしさがあります。

先日はアレサ・フランクリンの「respect」がかかって、
思わず涙がこぼれました。(感激屋なんでいつものことです(^ ^;))
アレサの力強い歌声に幾度励まされてきたか。
でもあの力強い歌声も、ある有名なプロデューサーに
見出されるまでは開花しなかったそうです。
人との出会いというものは大切ですね。
その後、この曲の作者であるオーティス・レディングの
「try a little tenderness」が聴きたくなってCDを回しました。

もちろん自分の知らなかったいい曲を知ることが出来るのも FMの楽しみです。wannadiesやmaroon5を最近知りました。
その一方よくあるのが、聴くことのできるFM局を
すべて回ってもどれも聴きたくない時です。
CDを5分くらい聴いてもう一周回ってもダメ。
要するに何も聴きたくないのかもしれませんが、
考えるべきことがありますよというシグナルなのかもしれません。
そういう時に考え事をすると 不思議と新しい気づきがあったりします。
これもささいな「流れに乗る」ということなのでしょうか(^ ^)。

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

忘れな草
今朝は早起きして近所のダム周辺を散歩してきました。
様々な草花が咲いています。
その中でわすれな草が一面に咲いている場所を見つけました。
とても地味ぃな花なのでよくよく見ないと一面に咲いているか
どうかも気づきません(^^;)。

小さな小さな1mmほどの花弁は薄い水色で
花弁の真ん中にはまぁるく薄い黄色が入っていて
周りを囲むつぼみは薄い桃色なので、
パステルカラーのバランスがすごくかわいいです。

立ってる場所からはおよそ確認できませんが、
しゃがんでお花の高さに目線を合わせてみると
そんな発見ができます。

そういえば私はそうやってしゃがんでなにげない雑草や
昆虫などの動きをじーっと見るのが小さな頃から好きでした。
ものの形、色、触感、動きなどをじーっと観察していると、
規則性やそのものの特徴が見えてきます。

そうだ、エネルギーの練習にもなるから
いろんな植物と胸をつないでみようと思いました。
わすれなぐさ、たんぽぽ、つつじ、山桜(まだ咲いてます)
などやってみました。

共通して感じたことはやさしさや思いやりといったような愛情でした。
私の感覚はまだまだなのでそれぞれに持った感覚は
書かずにおきますが、各々独自の感覚がありました。
そしてそれぞれが私にメッセージを送ってくれてるように
感じました。

ここ数日間、優しい気持ちになれず周りの方にも迷惑を
かけたりして、なぜそうなっているのかずっと考えていました。
それは繰り返し繰り返しやってきてる問題でした。
自分を愛せないから人も愛せない、簡単に言えばそういうことです。
なぜそうなるのか、なんとなく頭で理解はできているのですが、
いまひとつ腑に落ちきっていないのでしょう。
繰り返すということはそういうことですよね。
でも自然に触れて様々な植物が混生している姿を見て
なぜか私たちもそれでいいんだと素直に思うことができました。
私たちはみんなただ存在しているだけで愛されてるんだ、
そういう感覚がやってきました。
そしてこれって槙原ノリユキさんの作ったスマップが歌うあの有名な
「世界に一つだけの花」だよねと思いつき笑えました。

腑に落ちるということはそういう感覚なのかもしれません。
理由もなくただわかるというか、ただ理解できる瞬間がある。
また繰り返してしまうのかもしれません。
でもそしたらまた立ち止まって考えていくしかありません。
周りの方には迷惑をかけてしまうかもしれないけど、
それも自分で気づいて事前に対処できるようになっていけるように、
ちょっとずつでも前に進んでると信じて。
蛙(かわず)の声
お気づきの方もいらっしゃるとは思いますが、
うちの家は大自然の中(^ ^;)にありまして、
家の裏にはダムがあり、家の横には小さな川が流れていて、
周りには田んぼが並んでいます。
普段も静かなのですが、夜になるともっと静まりかえって、
いつもは川の流れがかすかに聞こえる中寝ています。

夏はそこに蛙(かわず)の大合唱(りん唱?)が加わるのですが、
そろそろ鳴き声が聞こえ出しました。
最近はどうなのかわかりませんが、私が小さな頃は田んぼに
プヨプヨした蛙の卵があって、そこからおたまじゃくしが孵り、
やがて足が生えてしっぽがなくなっていって、蛙になっていくのを
よく眺めていました。

あまり貫禄のある蛙は私も苦手なのですが、
蛙になりたての小さい小指の爪ほどの雨蛙(アマガエル)は
ほんとに飼いたくなるほどカワイイです。
年に数回はどこからか家の中に入ってきて、
ポヤーっとしてはるので、水滴をかけたりして
ちょっと遊んでもらってから外に戻します。

慣れない方がうちの家に泊ったりすると
蛙の声がうるさくて眠れないのかもしれませんが、
夏の風情と言いましょうか、
私たちには子守唄のように聞こえます。

緑の少ない街中に住んでいた時、
川の流れや蛙の合唱の音楽を流して眠ると
不思議とリラックスしてより深く眠れるようでした。

実際その季節が来ると不便なこともありますが、
(夏は蚊とか蛾とか虫が多いです(>_<))
いつも次の季節のことを考えると楽しみでワクワクします。

テーマ:自然の中で - ジャンル:ライフ

協力の循環
生きることに不器用でつらそうな人が自分の周りにいて、
自分にできることを何かしたいと思うのだけど
当の本人は私の助けを求めていない。

そういうことが最近多い気がする。

じゃ今の私に何ができるのかと考えたら
それはもしその人やその人のような人に
今後出会って助けを求められた時に
精一杯対応出来るだけの自分を作り込む他
ないんだろうなと思う。

今は私にまだその容量がないから求められないのだろうな。

人間関係は全て鏡だ。
同じ波動の人間を引き寄せる。
「人の振り見て我が振り直せ」とはよく言ったもので、
感情の揺れが激しい人に自分の焦点が合っている。

私が変われば周りも変わる。
それは周りの人が実際に入れ替わることもあるし、
周りの人の内面が変わっていくこともある。

私がその人の立場なら何をしてほしいだろうか。
ただ温かく見守るだけでいいのかもしれない。
でもその為には常に安定し余裕を持てる自分であること。
自分に余裕のない人間が人のことを思いやることなんてできない。
それが年を重ねて大人になるということなのかもしれない。

今まで力になれなかった人や、
また私の力になってくれた人に
つぐないや恩返しができるとするなら、
こういうことなのかもしれない。

私も今まで周りの人に多大な迷惑をかけてきたなぁ。
誰かから奪われた(と思っていた)エネルギー(氣)を
また他の誰かから奪い返そうとしてきた気がする。
マイナスのエネルギーの循環だ。悪循環というやつか。
これからはプラスのエネルギーの循環をしていきたい。
協力の循環。

その為にはまず自分からだ。

これは全てこの一年、今の先生に教わったことだと思う。
自分なりに消化している最中です。
まったくいつも耳の痛いことをおっしゃいますな(^ ^;)
つばめ
空を見ているとつばめが飛んでいます。
今年もつばめが巣を作る季節になりました。

3,4年ほど前から玄関につばめが巣を作るようになりました。
今年は家の都合上、作ってもらえるか微妙な状況なのですが、
毎年楽しみにしていました。

つばめが泥やら何やらを運んできては巣を作っていく過程や
卵を温めている時期、ひなが孵って毛も生え揃わない頃から
立派に成長し、飛ぶ練習をしてやがて旅立っていくまで、
日々変化があるので、目が離せません。

ひなが孵ってからはずっと鳴き続けていますし、
飛び立つ時は親鳥と一緒にそれはもう大騒ぎです。
ひなが全て飛び立ったと思ったらすぐまた次の卵が生まれて、、
ということをこの時期から夏まで数回繰り返します。

親鳥がえさを持ってきたら、ひな達は一斉に身を乗り出して
僕にちょうだい、私にちょうだいと大きな声で主張します。
親がえさを探している間、ひなはいねむりをしたりもします。
そのウトウトがかわいくてよく双眼鏡で見てました(^_^)

2年前、全部で30匹ほどのひなが孵った年がありました。
すべてのひなが巣立ちし、その後巣を作る様子もなく、
そろそろ南に移動する時期なのかな、
今年はすごく多かったねぇと話していたところ、
外が騒がしいので何事かと思って出てみたら
うちの家の屋根や前の電信柱に50匹ほどのつばめの大群が集まって
何やら打ち合わせなのか、各々おしゃべりしているようでした。

初めて見た大群と大騒ぎに唖然としながらも
つばめたちがすごく楽しそうに見えたので、
お礼参りしてくれたのかななんて笑いながら家に入りました。

今年は会えないのかなぁ。

動物や植物は何も考えずただ本能のままに生きているだけなのかもしれないけど、
一生懸命生きる姿に心を動かされずにはいられません。
普段忘れている当たり前のことに気づきます。

ありがとう。
うれしい偶然
先日、講演会に行ってきました。
熊野までの道中、吉野を通ると聞いていたので
桜が見れたらいいなぁと思っていたら
下北山池原ダムというところで
さくらまつりが開催されていました。

満開のさくらが山沿いの道にトンネルのように
咲き乱れていました。
ピンクの花びらのぼんぼりが風に揺れています。
朝早かったのでまだ人もほとんどいなくて独占状態。
それまで曇っていた天気もいつのまにか雲ひとつない青空になってました。

何年もまともにお花見ができていなかったので、
今年こそ見たいなぁと思っていたら
偶然、満喫できてしまいました。

偶然というところにうれしさ倍増。
そして、想いは叶うのかなぁなんて勝手な解釈をしてみたり。

今日は偶然梅林を通りかかり、散りかけの梅並木の中、
梅のかぐわしい香りを肺いっぱいに吸い込むことができました(^^)

毎日がんばってたらたまにはいいことあるものだな、なんて。
誰も言ってくれないので、自分で言ってます(^^;)

春を満喫、しあわせです。

テーマ:自然の中で - ジャンル:ライフ

日めくりカレンダー
日めくりカレンダーが職場にあります。

なぜか気になってめくってしまうので
めくる係はすっかり私になっています。

毎日今日は何の日とか書いてあって楽しいのですが、
一言教訓めいたことも書いてあります。

以前はこういった類のものは説教くさくて苦手でした。
でもこれもなんらかの私に必要な情報なのかもと読んでみると

「努力とは力むことではない。誠を積み重ねることだ」

だって。

がんばらなくちゃと力んで空回りしていた今の私に
まさに必要な言葉なのでした。

ありがとうございます、とこうべを深く垂れます(^^;)
フラワーエッセンス
数年前フラワーエッセンスというものにハマった時がありました。

水にはいろんな情報を転写するという性質があるそうです。
水に話しかけたり、音楽を聞かせたり、文字を見せたりすると
その内容によって結晶の形が変わるというのもこの性質からくるのですね。
人間の体の約8割は水、ということは精神状態をいつもどのようにしておいた方がよいか、
ということもおのずとわかってくるというもの、、。
お料理なんかもイヤイヤ作るより愛情を込めて作る方が
おいしくなるというのもわかりますよね。

フラワーエッセンスも水のそんな性質を利用していて、
さまざまな花の波動を水に転写しています。
アロマオイルのように花の抽出液は入っていないのですが、
アロマ関係のショップがさまざまなものを扱っているので
目にする機会もあるかもしれません。

まず最初に飲んでみるならフラワーエッセンスの発祥である
バッチのフラワーレメディが効き目もおだやかでおすすめです。
様々な感情や心の状態や性格のタイプに対応していて、
穏やかに心と身体のバランスを取り戻すのを助けてくれます。
もちろん、お薬ではないので、直接身体の症状に働きかけるということはありませんが、
心の状態が改善されることによって、個々の人間・動物に本来備わっている
自然治癒力がもたらされると言われています。

私の体験としては、飲み始めの数日間は胸がもやもやする感じがあるのですが、
それを我慢して3週間飲み続けたら、さまざまな気づきがあったり、
自分のことを客観的に見れる出来事(シンクロニシティ?!)が起こったりして、
精神的に楽になっていけるきっかけがつかめました。

友達や家族などにもすすめて、数人が試されましたが、
それぞれに変化や気付きがあったようです。

動物や植物は人間のように理性というものがない分、
効き目が早いということだったので、
それなら、と当時飼っていたネコちゃんに
バッチのレスキューレメディという5種類のレメディを調合したものを
飲み水に入れて飲ませてみました。

そのネコちゃんは捨てられていたところを私が拾ってきたのですが、
一緒に捨てられた兄弟はすべて車にひかれて亡くなっていたのに、
その子だけが生き残っていたのでした。
まだ片手に乗るくらいの大きさだったので片手でその子をにぎって、
片手で運転して泣きながら家に帰ったことを思い出します。

そういう体験をしたからか、その子は人間で言うところのひきこもり状態でした。
トイレ以外には外に出ることもなく、いつも同じところで一日中寝てばかりいました。
だっこされることも撫でられることも顔を近づけられることも嫌いで、
あまり食欲もなくやせ細っていました。

でも、でも、そのフラワーエッセンスを飲ませ出して数週間で見る見る
変わっていったのです。
まず、表情が変わりました。ネコやイヌに表情がないと言う方もいらっしゃる
かもしれませんが、うれしそうか悲しそうかくらいはわかりますよね。
明らかに明るい表情になりました。
だっこもさせてくれるようになって、甘えるしぐさも見せるように
なりました。
背中に羽が生えたような気さえするほど足取りも軽やかになって、
よく食べ、外にも遊びに行くようになりました。
そして彼女ができました。子供もできました。
普通のネコよりは弱虫だったけど、楽しそうになってくれたのが
私はほんとにうれしかった。

その数ヵ月後に原因不明で急死してしまったのですが、
何より生きている間にあんなにしあわせそうになってくれて
ほんとによかったなと思います。


お話をしていて、うつの傾向があるとかリストカット癖があるという方には
バッチのレスキューレメディをすすめたりもするのですが、
状況が深刻な方に限ってなんだかんだ理由をつけて、
試すのを拒まれることが多いので不思議です。
レスキュー(救急)というだけあって、
ショックなことがあったり、気が動転したときに
とりあえず落ち着けるので常備薬的に持っておかれてもよいと思います。

それよりなによりうちの先生に治療していただくのが
一番おすすめなんですけどね(^m^)ちゃんちゃん。

何をおすすめしても伝わらない方には伝わりませんね。
私が信用されてないという話もありますが(^^;)。
治したいとか楽になりたいとか思わないのかなーと不思議でしたが、
その方がまだそれに出会うべき時ではない、
というだけのことなのかもしれません。

レスキューのクリームもあるのですが、
持病の皮膚の疾患にそれを塗ったら、
疾患の原因とも言えるような私の問題点に気づきました。
それについて考えるうちにいつのまにか疾患は治っていきました。

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文(ご予約は希望場所と日時、コースを明記ください):

☆おすすめ☆

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード


copyright 2006 大阪♪奈良♪クラニオセイクラル&リンパ&セルライト♪ユルゆるり(サロン氣楽) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。